夏場、海水浴、紫外線による薄毛(ハゲ、はげ)に要注意

MENU

夏、紫外線、海水浴 薄毛ハゲはげ予防

夏場、海水浴、紫外線による薄毛(ハゲ、はげ)に要注意

 

抜け毛が一番多いといわれる季節は夏の終わりから秋にかけてといわれています。
これは夏に浴びた紫外線がピークに達した時期だからだと言われています。

 

紫外線が与える毛髪への影響

薄毛の原因は様々ですが、その一つに紫外線も含まれます。
毛髪の断面は毛髄質(メジュラ)を中心に、たんぱく質の繊維が束になった毛皮質(コルテックス)があります。
それらを外部刺激から守るように毛表質(キューティクル)が覆っています。

 

このキューティクルが紫外線を浴び続けると、剥がれ落ちてしまいます。
キューティクルが剥がれると、その後に続く、毛皮質(コルテックス)が守れなくなり、毛髪が痛み、弱くなり、切れ毛、抜け毛につながります。
また、紫外線のダメージは毛髪だけではなく、頭皮にも影響を及ぼします。

 

 

これらの外部要因を予防するために、帽子の着用が効果的ですが、この場合、通気性や汗、などのまた別の要因が発生します。
帽子を被り続けていると、蒸れや汗で頭皮にもよくないため、最小限に抑えるため、日差しの強い外に出かけるときだけ、麦わら帽子など比較的通気性のよい帽子を着用すると良いでしょう。
また、一日の終わりにはダメージを受けたキューティクルを守るため、トリートメントなどで毛髪をケアすることも重要です。

 

一番ダメージが多いのは、夏場の海水浴、塩素(カルキ)が豊富に含まれたプールなどがあげられます。
薄毛が気になる方は、出来るだけ避けた方が無難だといえます。