深イイ話のハゲのカリスマ毛髪診断士

MENU

深イイ話でハゲ対策が放送

深イイ話で紹介されたハゲに関する深いい話

 

約5万人もの薄毛に悩む人の頭皮を見てきたという毛髪診断士の小林弘子さん。
彼女いわく、髪の毛の状態を知る上で一番大切なのは頭皮の状態だといいます。

 

頭皮が硬いと薄毛になりやすいそうです。
そのため、頭皮を軟らかくすることが大切。
頭皮をやわらかくするためには指の平で優しく頭皮をマッサージすると良い。

 

また、顔と頭皮は一枚皮で繋がっているため、眉間にシワを寄せると頭皮が引っ張られて、硬くなってしまうのだとか。
そのため、眉間にシワを寄せてしまいやすい、エンジニアなどの仕事でパソコンをよく使い目を酷使する人にハゲが多いのだといいます。
この話を聞いていた司会の今田浩二さんが、「ヤンキーがM字ハゲなのはメンチきって眉間にシワをよせていたからかも。」ということを言っていました。

 

 

ただ、上記は毛髪診断士の小林さんの自論であり、医師の立場から学術的に見ると、薄毛は遺伝の要素が強く、眉間のシワは全く根拠がなく関係がないといいます。

 

ちなみにモト冬樹さんの家系はみんなハゲているそうです。

 

ハゲ=高脂血症、通風の人にも多く、遺伝+生活習慣が主な要因だといいます。
なお、韓国人にハゲが少ないのは辛味成分による頭皮の血行促進効果があるのではないかと言われているそうですが、まだ、ハッキリしたことは分かっていないようです。

 

 

フサフサ頭の藤岡弘、さんの生活習慣はゴマを1日茶のみ一杯、豆乳と牛乳を毎日飲んでいるそうです。
医学的には断言はできないが、健康的な食事なので悪くはないとのこと。

 

 

また、世界中の薄毛の人に朗報です。

 

世界中が驚いたといわれる、現在はまだ研究段階だが薄毛が100%治せることができる技術が開発されているといいます。
まだ、実験段階ですが、毛のないマウスに毛を生えさせていました。

 

これは、毛包を細胞から取り出し、毛のない部分に植え込む、培養したものを植毛する技術だそうです。
自分の毛だから自然で、生えてきた毛が抜けてもまた、生えてくる。(細胞ごと植え込むため。)

 

この技術は5〜10年で間違いなく実用されるであろうと言われています。
実用化されてもオーダーメイドで、特殊技術で加工と培養が必要なため、最初のうちは1000万ほどの費用がかかるようです。